大好きなハワイアンジュエリーで結婚指輪をオーダー

HOME » 大好き!ハワイアンジュエリーの魅力 » ハワイアンジュエリーの歴史

ハワイアンジュエリーの歴史

リリウオカラニ女王

ハワイアンジュエリーが生まれたのは、今からおよそ150年前のこと。
イギリスで流行した「ヴィクトリアン・モーニングジュエリー」(喪中用アクセサリー)が、モデルになっています。

これは、19世紀イギリスのヴィクトリア女王が故夫に捧げた、愛の言葉を刻んだアクセサリーが元で広まったもの。当時、イギリス王室と親交の深かったハワイ王朝では、それを耳にしたリリウオカラニ女王が、自らも英国王子を想ってゴールドのバングルを特注!

「ホオマナオ・マウ(永遠の思い出)」という文字が刻まれたこのジュエリーを、生涯大切に身に付けていたそうです。何ともロマンティックですよね!
ハワイアンジュエリーの起源は英国アクセサリーだったんですね。今もハワイのミュージアムにこのバングルが展示されているらしく、是非とも見に行ってみたいものです。

ジュエリーから生まれた伝統文化

その後もリリウオカラニ女王は、さまざまな文字を刻んだジュエリーを作り、お守りのように身に付けました。中でも有名なのが、ハワイを代表する歌「アロハ・オエ」という文字が刻まれたブレスレットです。

これは、宮殿のプレゼンテーションに力を貸してくれたイギリス人の恩師に贈られたもの。
"わが愛をあなたに"っていう意味が込められているそう。このことが一般の人達にも広まって、大切な人への贈り物=ジュエリーというハワイ独自の文化が誕生したのです。

デザインもハワイらしく進化!

リリウオカラニ女王

当初主流だったのは黒のエナメルで刻印されたゴールドのバングル。これも時が経つにつれ、ハワイならではのデザインに進化していきました。

マイレの葉やプルメリア、ホヌ(ウミガメ)など、ハワイの人たちにとって神聖な大自然がモチーフに彫られるようになります。絶え間ない幸せや永遠の結びつきなどの願いが込められたアクセサリーは、デザインもとっても素敵!この頃からハワイアンジュエリーとして、世界中で大人気になります。

バリエーションも豊富になって、ウクレレやハイビスカスをあしらったカジュアルなものとか、より高価な素材で作られたものもあります。今も変わらず一つ一つ手彫りで作られているものが多いので、ブライダルにはまさにぴったり!のジュエリーなのです。

 
ハワイアンジュエリーの結婚指輪が欲しい!