大好きなハワイアンジュエリーで結婚指輪をオーダー

HOME » ハワイアンジュエリーの結婚指輪をオーダー » 2、リングのデザインを選ぶ

2、リングのデザインを選ぶ

素材が決まったら、その次はリングのデザインを選びます。
指輪の幅や厚み、カットの仕方など細かくオーダーできるんですよ。どんな形状・デザインがあるのか簡単に紹介していきますね。

ハワイアンリングのカット・デザインを選ぶ

  • フラット…表面がフラットの最もスタンダードなタイプ。
  • バレル…リングの表面が丸みを帯びている。
  • ツートン…フラットタイプの指輪に別の素材を重ねたもの。
  • カットライン…柄に沿って指輪のサイドがカットされたもの。

最近人気があるのがバレルタイプの指輪です。
付けたときに高級感があるし、柄もすごく綺麗に見えますよ!
その他はさりげない感じで付けるならフラットタイプ、指輪を強調したいならツートンもおすすめ。カットラインは、指輪の柄によってはハワイのレイみたいな雰囲気にも出来ます。

リングの幅や厚みの選び方

なかなか決めづらいのがリングの幅や厚みですよね。大体このくらい?なんて思ってても、実際付けてみた印象が違ったり…。ここも手を抜かずしっかり選ばなきゃ後悔しちゃいます。

個人的には指輪の幅は5mm前後がちょうど良いかなという感じ。それ以下の太さだと柄が見えなかったり、10mm近くあるリングも可愛いけど、付ける場所が限られたりしますよね。

厚さに関しては2mm以上あればしっかりした感じが出ると思います。薄いと変形もしやすいので、多少厚めの方がおすすめです。指輪をはめる位置よりも関節の方が太いことが多いので、着けると意外にしっくりくることも。人によって指の形や好みもあると思うので、いろいろ試してぴったりなサイズを探してみて下さいね!

こだわり派にイチ押し!鍛造リング

スマートな指輪が欲しい、より丈夫なリングを!という人にイチ押しが「鍛造リング」です。数十トンもの圧力で圧縮して作られているので、硬くて歪みにくいのが大きな特徴。

もとは精密機械を作るのに使われていた製法で、とっても手間がかかるのだとか。
この鍛造リングなら厚さが薄くてもOK!よりスマートに身につけられるのです。

 
ハワイアンジュエリーの結婚指輪が欲しい!